ルテインサプリに副作用はある?

ルテインサプリは目の疲れやさまざまな症状の改善効果があるとして人気となっていますが、服用することで副作用が起こるかどうかが気になります。一例では、2年間毎日ルテインサプリを摂取していた女性が、柑皮症になったという報告があります。「みかんをたくさん食べると手が黄色くなる」と言われますが、それも柑皮症です。もともとは野菜や果物、花に含まれているルテインは色素のため、その色によって皮膚が黄色くなってしまうものです。特に身体に害があるものではないのですが、ルテインの摂取しすぎが原因となっていると言われていますので、摂取量を控えた方が良いと言われています。この例ではどのようなサプリを利用していたかはわかっていないのですが、ルテインサプリの原材料によって、起こってくる副作用にも違いがあるのが特徴となっています。
マリーゴールドなど、天然の植物から抽出したルテインを使っているルテインサプリに関しては、現在のところ農薬を使用していない安全な原料を使っている場合には、副作用はないと言われています。しかし現在販売されているルテインサプリの原材料の多くは合成のものとなっていますが、合成された原料を使用しているサプリの場合には目のかゆみ、腫れ、便秘、下痢、胸焼け、咳や喘息が報告されています。これは原料が石油であり、サプリの形状にするためにさまざまなものが配合されていることが理由ではないかと考えられています。
ルテインサプリメントで目の疲れ徹底対策│ランキング調査!はこちら